あとう仏壇製作所公式ブログ


お仏壇処分の前に確認してほしい事。

DSC02145kiri

夏休みに実家に帰省される方も多いと思います。断捨離や生活をコンパクトにする方が増える中で実家の仏壇について話をされる機会もあるでしょう。

代々御家族で受け継がれたお仏壇であれば親子の間でも意見が違い難しい問題でもあります。

新しい仏壇の買い換えを考えられるならお掃除の楽なシンプルでコンパクトな物、正座不要の椅子式のお仏壇もございます。

増えたお位牌を回出(くりだし)位牌や過去帳にまとめることで内部をスッキリとすることができます。

お仏壇の傷や汚れが気になる場合はリフォームをされてはいかがでしょうか?専門家の手により傷や汚れのクリーニング・扉の紗(しゃ)の張替なども致します。

※紗(しゃ)とはお仏壇のこの部分になります。

紗の説明用

お仏壇の処分をしても平気なのでしょうか?

DSC01382_R660

よく罰があたる等の因縁話をされる方がいらっしゃいますが、そんなことは一切ありません。

先祖のお家でもあるお仏壇やお仏具を新しくするのだから、返って素晴らしい行いをするのであり、罰があたるどころか、功徳があると言っても過言ではありません。

あなたの家で考えてみて下さい。家が老朽化し、そのまま過ごしていると地震や、害虫被害にあった時に耐えられるかわかりません。より素敵で快適で安全な新築に住むことの方が理想ではありませんか?

お仏壇もお仏具も一緒です。古くなったお仏壇を新しくされることや、綺麗にされることは御家族にとっても、故人にとっても素晴らしい行いなのです。

お仏具はご先祖様や御本尊様の道具と同じです。自分が使っているお茶碗が汚れていたら、洗って綺麗にします。ご先祖様にお供えする為のお菓子やお供物をのせる台が欠けていたり、古くなっていたら、綺麗にします。

今あるお仏壇を処分するのに対して後ろめたい気持ちや恐れ、祟り等を感じる方も多くいますが、心配する事はありませんのでご安心下さい。

処分する方法は

①お仏壇店に依頼して処分する

大事にされているお仏壇をいざ処分するとなった時に、どうやって処分するか迷うと思います。又現在自分は家族も仏壇も持っていて、両親のお仏壇もある。この場合どちらを残すべきなのか?と思うかもしれません。そんな時はまずお近くのお仏壇店にご相談下さい。

処分するだけでなく、処分する前の注意点もお話ができますし、大切に今まで手を合わせたお仏壇の事ですから、粗末にしたくないと思います。私共でよければお手伝いさせていただきますので、御相談下さい。

多くの仏壇・仏具店はお仏壇を販売だけでなく、処分はもちろんお焚きあげ含め、すべてトータルでサポートいたします。

②各自治体の粗大ごみとして処分する

お住まいの地域の自治体に粗大ごみとして出すことも可能です。引き取りの金額はお近くの自治体によって異なりますので、必ず御確認してください。自治体での申請や回収までの時間が約10日程かかる場合がございますので、そちらもご注意してください。

処分方法の比較

依頼先 費用 内容
仏壇店 5,000円~
(お仏壇のサイズ・搬送費用などにより
費用は異なります。)
お客様のご相談内容によって
違いがありますが、引き取り・
お焚きあげ全てをサポートしています。
自治体 500円~
(各自治体、お仏壇のサイズによって
異なります。)
お客様ご自身で自治体に連絡し、
※各自治体によって異なる。
収集不可の場合も有り

費用を抑えたい場合には自治体にご連絡する事が好ましいですが、お仏壇の処分の御相談であれば、仏壇店にお問合せ頂ければ処分させていただきます。

 処分する前に確認する事

お仏壇隠し収納について

お仏壇の中には仏具が入っておりますが、仏具以外で大切な家系図や、中には貴重品が入っている場合もございます。
隠しの収納や、お仏壇の引出の中まで一度ご確認いただき、あれば大切に保管し一緒に廃棄処分してしまわないように注意が必要です。

隠し収納番号付き

まとめ

お仏壇の処分に迷ったら以下の2通りの対応がある。

①仏壇店に相談

②粗大ごみとして依頼

費用や期間、御家族との話し合いの元一番いい方法でお悩みが解決する事を当店も祈っております。

otoiawase

2017年7月21日 16時10分